忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「はーい。誰っスかー?」

扉を開けて出てきたのは、頭にバンダナを巻いた少年だった。
見る限りでは、人間に思える。
少なくとも、俺を追いかけ回した猫(?)みたいな獣ではない。

「うちに何かご用っスか?」

「あ、ああ。道に迷っちまってな。悪いんだが、この辺のことを教えて貰えないか?」

「迷った? この辺まで入ってくるなんて、珍しい人っスね」

片手で拝むようにして頼むと、少年はきょとんとした顔で答えた。
少年の口振りからして、どうやらこの辺りは人の来るような場所ではないらしい。
となると、

「ここから人里までは遠いのか?」

「んー、そうっスね。人の足だと、五日はかかるんじゃないっスかね」

思い浮かんだ懸念を聞くと、予想通りの答えが返ってきた。
マズいな。猛獣を警戒しながら五日間。とてもたどり着ける気がしない。

これからの困難さを思い、自然と眉がしかめられる。
そんな俺を見かねたのか、少年が声をかけてきた。

「立ち話も何っスから、とりあえずあがらないっスか?」

「いいのか?」

「うぃっス。お疲れのようっスから、飲み物とかも出すっスよ」

それはありがたい。もう喉はからからだ。
だが、

「見知らぬ人間を家にあげてもいいのか? 自分で言うのもなんだが、俺はかなり怪しいと思うぞ」

「いやぁ、久しぶりのお客さんっスから。それに、人を見る目には少し自信があるっスよ」

……ならいいか。本人がいいと言ってるんだし、これ以上は蛇足だろう。
なにより、俺が腰を落ち着けたい。

「そっか。それじゃ、悪いけどお邪魔させてもらうわ」

「うぃっス。どうぞっス」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析