忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「うおおぉぉぉ!」
「……」
「ぐううぅぅぅ!」
「……」
「おぉりゃあぁぁぁ!」
「……何をしてるんだ、天夜?」
「ああ? 見りゃわかんだろ」
「ふむ。俺には、鉄板のような馬鹿でかい剣を持ち上げようとしているように見えるが」
「分かってんじゃねぇか」
「一体どうしたんだ、この剣は? いや、そもそもこれは本当に剣なのか?」
「おう。人類の限界ギリギリの規格のグレートソードだ」
「たしかに“グレート”ではあるな」
「どこぞの神官戦士が使ってるのを見てな。“博士”に作ってもらった」
「ああ、なるほど。あの人なら、喜んで作りそうだ」
「そういうこった。嬉々として作ってたぞぉぉぉ!」
「で」
「あぁ?」
「持ち上がらないのか?」
「はっ、なめんな。俺にかかればこれくらい……」
「……」
「……」
「……上がらないんだな?」
「どちくしょおぉぉぉ!」
「しかし、天夜に扱えないほど重い剣を使うとは。その神官戦士は、余程の筋力の持ち主だな」
「女だったけどな」
「む?」
「しかも、少女って言われるくらいの年齢だった」
「は?」
「自信無くすぜ」
「う、む。いや、それはあくまで例外だろう」
「まあ、そうなんだがな。俺も腕力には自信あったんだけどなぁ」
「“強化”を使えば、扱えるだろう?」
「そりゃな。斬艦刀でも無いかぎり、扱えない武器はねぇよ。
 けどな、“強化”を使うと、なんか負けた気分になんだよなぁ」
「プライドの問題か」
「おうよ。鷹火も挑戦してみるか? いや、むしろ挑戦しろ」
「強制か。別に構わないが」
「よし。ほれ」
「む。…………無理だな、これは」
「諦めんの早ぇなオイ」
「そもそも、天夜に持ち上げられないものを俺が持ち上げられるわけないだろう」
「鷹火は武器使わねぇもんなあ」
「術がメインだからな」
「しっかし、どうすっかなコレ」
「まぁ、一応とっておいたらどうだ。誰か使える奴がいたら、くれてやればいい」
「そうだなぁ。使える奴がいたら、幾らかで売っ払うか」
「……タダで譲るわけではないのか」
「あったりまえだ。作るの高かったんだぞ」
「もう少し金の使い方は考えた方がいいぞ」
「わかっちゃいるんだけどなー。とりあえず、金稼いでくるわ」
「“仕事”か?」
「いや、たんなるバイトだ。んじゃ、遅刻するからもう行くな」
「ああ、行ってこい」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析