忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「おーす」
「ああ。……どうした?」
「なにがだ?」
「いつになく機嫌が良さそうだからな。何かあったのか?」
「やっぱわかるか?」
「ああ」
「実はな……、っと。これだこれだ」
「これは……」
「いいだろ。今回の“仕事”の報酬だ」
「一対の中華刀。……もしや、干将莫耶か」
「おう。投影魔術とやらで創ったバッタもんだけど、そこらの刀剣なんか目じゃねぇぞ」
「そのようだな。こうして持っているだけでも、かなりの力を感じる」
「だろ? 次の“仕事”では、こいつをメインで使うつもりだ」
「お前とは相性が良さそうだからな。良い選択かもしれんな」
「ああ。下手な装備を持っていくより、よっぽど心強いぜ」
「しかし、これほどのモノを投影するとは、かなり優れた魔術師なのだな」
「あぁいや、本人はまだまだ半人前だっつってたぞ。あと、魔術師じゃなくて魔術使いだそうだ」
「む? いまいち定義が判らんが……」
「あー……、確か、魔術を目的ではなく手段として扱う者、だったか」
「ふむ。“こちら”では魔術自体を目的にしているものはそう多くはないのだが」
「“あっち”だと、ほとんどが目的になっているらしいぞ」
「文化の違いだな」
「だな。魔術の隠匿の為に、大量殺戮とかもあるらしいぜ。
 胸糞悪い」
「それは……。そんなところで魔術使いなどと……、大丈夫なのか?」
「いや、どっちかっつうと駄目だ。あいつ、猪突猛進型だから」
「まずいだろう、それは」
「まずいなぁ。ま、いざヤバイ時には助けに行くさ」
「気軽に言うが、そう簡単に“向こう”には行けないだろう?」
「そん時はよろしく頼むぜ」
「本当に気軽に言ってくれる。……だが、いいだろう。友の頼みだ。
 その時は力を貸そう」
「おう、頼りにしてるぜ」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析