忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「おとーさん。この人、だれ? お客さん?」

「そうっスよ。この人は高畑直哉さん。ちょっと道に迷ったらしいっス」

少女の問い掛けに、頷いて答えるセンギ。
……今聞き捨てならない単語を聞いた気がする。

「ちょっと待った」

「何っスか?」

「お父さん、ってどういうことだ?」

センギは俺と同じぐらいの年にしか見えない。
少女くらいの年の子供がいるのは、どう考えてもおかしいだろう。

「?」

「いや、そんな不思議そうな顔されても」

「おとーさんはおとーさんだよ?」

「いや、おかしいだろ、年齢的に?」

「???」

またも不思議そうな顔をする少女。
駄目だ。話が通じねぇ。

諦めてセンギの方へ顔を向ける。
野郎、苦笑と微笑みの中間みたいな顔してやがる。

「オレとファリィは血の繋がらない親子なんスよ」

……ああ、そうか。ちょっと考えればわかることだな。
それに考えが至らないってことは、俺は自分で思ってるよりも混乱しているらしい。
まぁ、気付いたらいきなり見知らぬ土地、しかも地球かどうかも分からない場所に居たんだ。
無理もないだろう。と、自己弁護しておく。

「おにーちゃん、おにーちゃん」

俄かに頭痛すら感じ始めた俺に、少女――ファリィという名前らしい――が呼び掛ける。

「あ、あぁ、なんだ?」

「おにーちゃんは迷子なの?」

「ぐはっ!?」

た、確かに迷子っちゃあ迷子だが……。
こんな小さい子に言われると、情けなくなってくるな。

「いや、まあ、迷子、だな。うん」

ハハハと渇いた笑いが漏れる。

「えぇっと、直哉さんは何処の国の人っスか? 方角が分かれば、近くの街までなら案内出来るっスよ」

そんな俺を見かねたのか、フォローするように尋ねるセンギ。
何処って言われてもな。
一応、聞くだけ聞いてみるか。

「日本って国なんだが、知ってるか?」

「ニホン、スか? う~ん」

思いだそうとしてるのか、こめかみに手をあてて考えるセンギ。
これは、やっぱりあれだろうか。

「すいません。ちょっと聞いたことないっスね」

やはりか。んなこったろーと思ったけどな。

「んじゃ、アメリカとかロシアとかは? いや、むしろ地球ってわかるか?」

続けて質問を重ねる。まあ、だいたい答えは予想できるが。
質問と言うより、確認だな。

「ん~……、どれも聞いたことないっスね」

ほらな。さて、どうしたものか。

「あ~~、とりあえず俺の出身地は置いといてくれ。先に、此所が何処か教えてくれ」

「ここはガーラル火山の麓っスよ」

「ガーラル火山、ね」

ふむ。当たり前だが、聞き覚えはないな。

「ちょっと妙なことを聞くけど、いいか?」

「妙なことっスか? 別にいいっスよ」

それじゃ、遠慮なく。
これはある意味、最終確認だ。

「この世界は、なんていうんだ?」

「この世界の名は、“リークリフ”っスよ」

「……」

ガッテム。マジで異世界決定だな。

出来れば知りたくもなかったが。

「でも、なんでそんなこと聞くっスか?」

訝しげな顔で、疑問の声を上げるセンギ。
そりゃ不思議に思うよな。
普通、自分の生きてる世界の名前を尋ねる奴なんていねぇもんな。

だが、答えは簡単。

「ああ。どうにも、俺はこの世界の住人じゃねぇみたいだ」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析