忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「うぃーす」
「ああ。久しぶりだな」
「あー、まあな。ちょっと拉致られてたからなぁ」
「ずいぶんと物騒だな」
「まぁなぁ。でも相手は世界の守護者だからな。さすがに断れねぇわ」
「守護者か。一体誰に呼び出されたんだ?」
「“真昼の月”だ」
「それは……、災難だったな」
「ま、報酬はしっかりもらったからいいんだけどな」
「貰えたのか?」
「おぅ。50万ヴァルゴな」
「それは、命懸けの報酬として妥当なのか?」
「……まあ、貰えないよりかは、なぁ?」
「それはそうだな。どこぞの魔剣使いはほぼただ働きらしいからな」
「柊のやつだな。今回、協力したぞ」
「……またか。哀れな」
「あいつもかなりのベテランなんだけどなぁ。どうにも振り回されてる感があるよなぁ」
「相手が“真昼の月”ではな。仕方があるまい」
「まあな。でも、今回は柊が一緒でよかったわ。
 さすがに魔王は一人じゃ相手できねぇし」
「魔王級があいてだったのか」
「おう。ラース・フェリアとかいう世界のな」
「ああ。あの週に一度のペースで世界の危機が起こる世界か」
「しんどかったぜ~。なんせ、持って行った装備のほぼ全部を使ったからな。
 経費で落ちなかったら、大赤字だ」
「魔王が相手ではな。生きて帰れただけでたいしたものだ」
「そりゃそうだ。つっても、報酬以外に得たものもあったし、まったく割に合わなかったわけでもねぇんだけどな」
「ほう、それは良かったな」
「おう。まあ、あんまり頻繁に呼ばれるのは勘弁だけどな」
「ふ。それはそうだ。魔王級とやり合うなど、俺なら一度だけであっても御免こうむる」
「まぁなぁ。
 っと、それじゃ俺はこれからバイトだからな」
「ああ、それではな」
「ああ。んじゃ、お前も頑張れよ」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析