忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ただいまー」

「む。戻ったか、燐火」

「あ、ただいま鷹火従兄さん」

「おかえり。しかし、吸血鬼化したのはわかっているが、深夜に出かけるのはやはり賛成出来んな」

「何よ、まだ納得してなかったの?」

「それはそうだろう。若い女性が一人で深夜にでかけているんだ。従兄弟としては心配するに決まっている」

「わたしは吸血鬼よ? 変質者ぐらいなら丸めてぽいよ」

「強いとか弱いとか、そういう問題でもないだろう。可能ならば、俺が付いて行きたいところだが……」

「心配性ね、従兄さんは」

「笑いごとではないんだがな」

「ごめんごめん。でも、従兄さんは忙しいんだから、そういうわけにはいかないでしょ?」

「むぅ……」

「ここしばらく収穫もないし、危ない事なんてホントにないわよ」

「それは収穫があれば危険もあるということなんだが」

「まー、それはしょうがないわよ。わたしが追ってる相手が相手だもの。虎穴に入らずんば虎児を得ず、よ」

「虎の子が欲しいのなら猟師に頼むべきだろう。素人が手を出すと怪我をする」

「それはそうかもしれないけど、だからって人任せには出来ないわよ」

「けじめ、か……?」

「そ。アイツはわたしが滅ぼすわ。そうしないと、きっとわたしは前に進めないから」

「……」

「……」

「ふぅ……、わかった。燐火の好きにするといい」

「ええ」

「ただし」

「?」

「危なくなったら、いつでも助けを呼べ。何処にだって駆け付ける」

「従兄さん……!」

「約束しろ。危なくなったら俺か、天夜に連絡を……」

「待って。なんでそこであいつの名前が出てくるのよ?」

「天夜は頼りになるぞ」

「え~~」

「現に燐火から逃げ切っただろう」

「それは! ……そうだけど」

「だろう」

「でも、別にあいつじゃなくても……」

「天夜は俺の知り合いの中では、かなり腕か立つ方だぞ。何かあった時は、腕の立つ奴の方がいいだろう」

「そ、それはそうだけど」

「……燐火は天夜のことが嫌いなのか?」

「嫌いっていうか……、まあ印象は良くないわね。初対面が悪かったし」

「まあ……、殴られてるしな」

「そうよ! おまけに、顔を合わせたら逃げるのよ」

「やたらと警戒していたからな、天夜。そもそも、何故そんなことになったんだ? 天夜は理由もなく女性を殴るような奴ではないんだが」

「あー、あれよ。……不幸な誤解ってやつね」

「ふむ。一体何を誤解したのだ?」

「初めて会った時にね、あいつから血の匂いがしてたのよ」

「恐らく、“祭”か“仕事”の後だったのだろうな」

「今ならそうってわかるけど、当時はこっちに来たばっかりだったし。そんな奴が真紅の槍を担いでたら、勘違いしたって仕方ないでしょ?」

「まあ、理解は出来るな。それで、どうしたんだ?」

「蹴った」

「……なに?」

「取り押さえようと思って、こめかみ狙って蹴りつけたの」

「燐火……」

「や、もちろん加減はしたわよ。一応、一般人だったら困るし」

「だからといって……」

「いいじゃない、当たらなかったんだし。おまけに反撃までもらったわよ。しかも、こっちを吹き飛ばしたらすぐに逃げたしたし」

「ああ、戦うには装備が心もとなかったらしい。前に愚痴られた」

「まったく、うら若い乙女をなんだと思ってるのかしら」

「吸血鬼だろう」

「それはそれ、これはこれよ。ところで従兄さん、時間いいの?」

「む。そろそろまずいか。では行ってくる」

「行ってらっしゃーい」

「ああ。……燐火」

「ん、なに?」

「ちゃんと鍵をかけておくように」

「はいはい。わかってるわよ」

「うむ。では、行ってくる」

「気をつけてねー」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析