忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


……早まったかもしれん。

突然、こことは別の世界から来ました、なんてどう考えても電波な奴じゃねぇか。
本気で余裕無いのな、俺。

ほら、センギの奴も唖然として――

「ああ、直哉さんは“来訪者”だったんスか。それなら、聞いたことない国なのも納得っス」

ねぇよ! 納得したように頷いてるよ!?

「って、どういうことだ?」

          この世界
「えっとっスね。リークリフには、時々余所の世界から迷い込む人がいるっスよ」

「そういう人達のことを“来訪者”って呼んでるんだよ」

センギの説明を継いで、ファリィが言葉を締める。
知っていることを教えるのが楽しいのか、その顔はやたらと楽しそうだ。

しかし、そうか。前例があるのか。

しかも、口振りからして、一度や二度ってわけでもなさそうだ。

「その“来訪者”達の中で、所在がわかってる奴はいるか?」

出来れば話を聞いてみたいんだが。
そんな俺の期待を裏切るように、センギは首を横に振った。

「オレも話で聞いたことがあるだけっスから。詳しいことはちょっとわかんないっスね」

「そうか……」

そうそう上手くはいかないか。

「すまないっスね」

「いや、謝ることはねぇよ。それどころか、感謝してるんだぜ。飲み物まで出してもらってるしな」

いやマジで。
色々と教えてもらったし、本気で助かってる。
この家が無かったら、休憩もままならなかったし。
だから、そんな申し訳なさそうな顔しなくていいって。

「飲み物ありがとな。美味かった。礼をしようにも、一文無しなのがアレなんだが」

「いや、お礼なんて結構っスよ。それより、直哉さんはこれからどうするっスか?」

「そうだな……」

どうするかな。右も左も分かんねぇからなぁ。
まぁ、とりあえずは、

「ここから歩いて五日かかるっていう街でも目指すかな」

人がたくさんいるとこ行けば、なんとかなるだろっていう浅い考えだが。
他にどうしようもないし。

「街までっスか? 歩くとかなりあるっスよ」

「そこは気合い入れて頑張るしかねぇなぁ」

想像するだけで嫌になってくるけどな。
体力的にも気分的にも。

「凶暴な魔獣とかもいるから、危ないっスよ」

「う……。それは……、キツいな」

さっき襲ってきた巨大な猫もどき。
あんなのが何匹もいるんじゃ、生きて街まで辿り着く自信はないな。
弱肉強食という言葉の意味を、身を持って確認させられるのがオチだ。

「直哉さん。一週間くらい待てないっスか? そしたら、安全に街まで行ける方法があるっスけど」

「そりゃ、安全に行けるんなら待つのはかまわんけど」

「それなら、一週間ほど泊まっていってくださいっス。幸い、空き部屋はあるっスから」

いやいやいや。

「ちょっと待て。お前、それはいくらなんでもお人好しすぎやしないか?」

だってそうだろ? 道に迷った見知らぬ他人を家に泊めようとか、普通は思わん。
こんなこと考えるのは嫌だが、何か裏でもあるのかと思っちまう。
何の裏も無く、純粋に善意で言っているなら、それはそれで心配になるほどのお人好しっぷりだ。

「いくらなんでも、そこまで迷惑かけられねぇよ」

「迷惑なんてことは無いっスよ」

首を振って否定するセンギ。だが、常識的に考えて迷惑だろう。
それとも、この世界では他人を家に泊めることなんてごく当たり前のことなんだろうか。
この世界の文化を知らんから、なんとも言えんが。

「本当に迷惑なんてことは無いっスよ。どっちかっていうと、直哉さんを行かせた方が迷惑っス」

「と、いうと?」

「直哉さんが魔獣に襲われたりしてないかって心配が、心理的な負担になるっス。
 それに、この辺りは立ち入り禁止の場所もたくさんあるっスから、そういう場所に入られると困るっス」

なるほど。つまり、

         おれ
「何も知らない迷子が、そういう場所にふらふらと迷いこまないように監視が必要、と」

「そういうことっス。これでもこの辺りの管理人っスから。
 もちろん、直哉さんを心配してるのも嘘じゃないっスよ」

なるほど。
そういう事情があるんなら、断る方が逆に迷惑になるな。
ここはお言葉に甘えさせてもらいますか。

……無償の善意よりも何らかの理由があった方が安心する俺の心は、いい感じに汚れてるなー。
これが現代社会の歪みか! なんて戯言は置いといて。

「それじゃ、悪いけど泊めてもらっていいか?」

「ういっス。どうぞっス。お客さんが泊まるなんて久しぶりっスよ」

腕がなるっスね~、と上機嫌なセンギ。
なんでだか、やたらと楽しげだ。
というか、腕がなるって、なんでだ?

「そんなわけで、直哉さんがしばらく泊まることになったっスけど、ファリィもいいっスか?」

さっきから一言も喋っていない赤い髪の少女に、センギが問う。

ファリィはセンギを見て、俺を見る。そして再びセンギを見て、口を開いた。

「うん、いいよー。おにーちゃん、悪い人じゃないみたいだから」

「そうっスね。ファリィがそういうなら、ますます安心っス」

どういうことだ? まるで、センギ自身よりあの子の方が信用出来るみたいな言い方だが。
子供の直感は鋭いとか、そういう話かね。
ま、それはともかく、

「許可は貰えたみたいだな。少しの間だけど、世話になるな」

よろしく、と頭を下げる。

返ってきたのは、

「こちらこそ、よろしくっス」

「よろしくね、おにーちゃん」

天涯孤独(この世界では)の身としては、なんともありがたい返事だった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析