忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ぐぉぉぉぉ」

「どうした、天夜? 野良犬みたいな唸り声をあげて」

「セメント発言アリガトウ。まあそれはともかく」

「うむ」

「魔法って卑怯だと思うんだよ」

「何をまた急に」

「魔術はいいんだ。あれはあり。でも、魔法はダメだ。ずるい」

「宝石の翁と喧嘩でもしたのか?」

「いや、さすがにあのじいさんと戦りあったら、今ここにいねぇぞ、俺」

「それもそうだな」

「ちょっと時空管理局に用事で行ってきたんだけどな」

「ああ、魔法というのはそっちの魔法か」

「用事自体はすぐすんだんだけどな。どんな話の流れやら、模擬戦をすることになってな?」

「ほう。誰が相手だったのだ?」

「…………黒衣の死神だ」

「……それはそれは」

「勝てるかってーの! 何あの詠唱なしでの雷撃魔法! 雷帝もビックリだよ! 
 しかも高速でビュンビュン飛び回りやがって。俺は空飛べねえんだっつーの!」

「あの世界の魔法は中々性能が良いからな。それで、どうなったんだ?」

「あん、なにがだ?」

「模擬戦だ。勝ったのか?」

「ああ、まあな。正面から戦ったら勝ち目ねえから、嵌めた」

「罠、か」

「おう。こっちが呆気にとられるほどあっさり嵌まったぞ」

「黒衣の死神は純粋だと言う話だからな。絡み手に弱いのだろう」

「ああ、擦れてるやつが相手じゃなくて助かったぜ。罠とか使ってもギリギリだったからな」

「しかし……そんなに嫌ならやらなければよかったのではないか?」

「ヴ」

「天夜……」

「いやだってよ、模擬戦したらレヴァンテインもどきをくれるっつうから」

「物につられたのか。完璧に自業自得だな」

「うぐっ、それはそうなんだけどな。……でも後悔はしてねえぞ。
 こんなにバランスの良い魔具が手に入ったからな」

「武具マニアめ」

「おう。いいじゃねえか、武具。俺は大好きだぞ」

「まあ、誰に迷惑かけているわけではないしな」

「だろ? バトルマニアよりはだいぶマシだと思うぜ」

「それはそうだ」

「鷹火も管理局に行くことがあったら気をつけろよ。あそこにはバトルマニアが何人もいるからな」

「肝に命じておこう」

「おう。じゃ、俺は“倉庫”に行くから」

「ああ、それではな」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析