忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ふっ――」

「おいーっす……、って何じゃこりゃ!?」




「――」

「鷹火、このびゅんびゅん飛び回ってるのは何なんだ?」

「――」

「鷹火?」

「――」

「おーい」

「――くっ」

「おわ!? かすった、かすった今!?」

「はぁ……、はぁ……」

「って、大丈夫か?」

「はぁ……。ああ、問題ない」

「何やってたんだ、お前は」

「魔法の練習を少しな」

「魔法? 鷹火が使うのは“術”だろ。何で魔法?」

「先日、管理局に行ってきてな。その時少しだけ教えてもらった」

「へえ。あの誘導ミサイルみたいな魔法は、え~と、なんつったか」

「アクセルシューター、だ」

「そうそう。それって、あの白い悪魔の魔法だろ? 一体何があって教えてもらうことに?」

「またお前は口が悪いな。本人に聞かれたら、スターライトブレイカーを喰らうかもしれんぞ」

「はっ、デカイだけの砲撃なんて、当たるもんかよ」

「確かに、単体なら避けれるだろうが……」

「ま、それはいいんだ、それは。で、何で教えてもらうことになったんだ?」

「先日、管理局で偶然彼女にあってな。その時、俺の直接攻撃の方法が乏しいということを相談したら」

「魔法の伝授になったわけか」

「うむ」

「なんだかな……。そういえば、あいつらの魔法は発動体が無いと使えないんじゃなかったか?」

「デバイスのことか?」

「おう、それ」

「いくつか使わせてもらったのだが、どうにも相性が悪くてな」

「相性?」

「ああ。具体的にいうと、デバイスと“術”は同時に使うことができん」

「はあん、なるほど。そりゃ最悪だな」

「いかに魔法が使えるようになっても、“術”が使えなくなるようでは話にならんからな」

「そりゃそうだ」

「仕方ないので、デバイス無しで使えないかどうか試行錯誤していたところだ」

「? デバイス無しでも使えるもんなのか?」

「ああ、デバイスは補助用の道具だからな。魔法を使う際に、絶対必要というわけではない。
 とはいえ、デバイス無しでの魔法行使が厳しいのも確かだが」

「まあ、あの誘導弾3発で息切れしてるようじゃなあ」

「集中してもあれが限界だ。なかなか“術”を使うようにはいかん」

「実用性はあんまねぇなあ」

「ああ、実戦で使えるようにするには、だいぶ術式をいじらないと駄目だな。先は長そうだ」

「ま、がんばれや」

「ああ」
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析