忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくファンタジー小説やゲームなんかでは「冒険者」という人種がいますが、あれはどうなんでしょう?
果たしてきちんと食べていける職業なんでしょうか?

ゲームなんかだとモンスターを倒すと何故かお金が手に入りますが、うん、これは無いですね。
もしモンスターがお金を落とすなら、それは人間とモンスターの使用している通貨が同じということになります。
それはつまり、お金というものを使える程度の知能をモンスターが持っているということです。
知的生命体を己の欲のために惨殺する。
こう書くと、冒険者というものがとてもひどいものに思えてしまえます。

それは個人的にとても嫌なので、もうちょっと現実的な小説の方にいきましょう。

小説などの冒険者は、金銭などを対価として何らかの依頼を受ける、所謂「何でも屋」としての面と、古代から存在している遺跡や洞窟などを探索する「トレジャーハンター」としての面があります。
こちらも、正直どうなんだろうと思わないでもないです。
「何でも屋」は受ける依頼にもよるでしょうが、一回に稼げる金額はそこまでのものでは無いような気がします。
しかも、お金を払ってまで頼むことなのですから、依頼は楽なものでは多分ありえないでしょう。
「トレジャーハンター」はうまく当たれば一攫千金を狙えそうではあります。
ですが、古代より存在している遺跡などは、大概が先人達が踏破しているはずです。
運良く手付かずの遺跡や洞窟を見つけられたとしても、手付かずには手付かずの意味があるはずです。
ぶっちゃけ、危険です。えぇ。
罠やら守護者やらがいるんでしょう。たぶん。

さて、どうやら冒険者というのは中々難しい職業のようです。
っていうか、べらぼうに体力が必要とされる職業っぽいです。
蒼夜がファンタジー世界に行ったとしても、多分冒険者にはなれません。
主に体力的な問題で


…………結局、今日は何が言いたかったんでしょう?(謎)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析