忍者ブログ
蒼夜の混沌とした頭の中を徒然に書き綴るぺぇじ
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 天まで届く高き山。

 白雲のかかりしその中腹に、口を開けるは暗き穴。

 右の手には闇を照らす灯を。

 左の手には闇すら吸い込む黒き宝石を。

 持ちいて進むは一人の旅人。

 その身に抱くは勇気と畏怖、祈りと渇望、希望と狂気。

 渦巻く心をその意でねじ伏せ、旅人は闇を進む。

 闇の最奥に何があるのか知っているように。

 何がいるのか祈るように。

 一歩進むごとに心は闇に蝕まれる。

 勇気は萎え、希望は枯れ、祈りは消える。

 それでも旅人は止まらない。

 足を進めるのは、内に荒れ狂う渇望故に。

 その渇望が己を滅ぼすと知っていても、旅人の足は止まらない。

 己が破滅よりも、求める渇望がある。

 果たされるべき約束がある。

 芯に求めるものを秘め、旅人は歩を進める。

 彼の者の行く手に待ち受けるは幸福な希望か。

 破滅的な絶望か。

 あるいは――――

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(06/02)
(05/19)
(09/14)
(08/03)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼夜
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析